トランプ大統領、北朝鮮の金委員長との取引で忍耐

更新日時
  • 大統領は先週、ポンペオ国務長官の訪朝を取りやめた
  • 北朝鮮に核放棄を迫る取り組みを中国が邪魔していると今週非難

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg

Photographer: Al Drago/Bloomberg

トランプ米大統領は30日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対して忍耐強くなれると述べた。同委員長は6月の米朝首脳会談後、非核化で十分な措置を取っていない。

  同大統領はブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、「私は世界の誰よりも忍耐力がある」として、「人々は私を理解していない」と語った。

8月30日、大統領執務室でインタビューに応じるトランプ大統領

写真家:Al Drago / Bloomberg

  トランプ大統領は金委員長との関係は「良好」のままだとし、北朝鮮が拘束していた複数の米国人を6月の米朝首脳会談の前に解放したことや、核実験に加え核弾頭を搭載できるミサイル発射を控えていることに言及した。

  大統領は先週、朝鮮半島の非核化を目指す協議で十分な進展が見られないとして、予定していたポンペオ国務長官の訪朝を取りやめた。29日には、米国が北朝鮮に核放棄を迫る取り組みを中国が邪魔していると非難している。

原題:Trump Says He Has ‘Patience’ for North Korea’s Kim to Make Deal(抜粋)

(第3段落以降に大統領の写真や発言、背景を加えて更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE