スナップ株が下落-アプリのNY市地図に反ユダヤ的な行為

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

スナップの株価が30日の米市場で下落した。「スナップチャット」を含む複数の人気アプリおよびサービスでニューヨーク市の名称を「Jewtropolis(ユダヤ人の大都会)」と書き換える公共物の破壊的行為が起き、これを巡る世論の反発の巻き添えとなった。

  スナップ株は一時2.6%下落する場面があった。終値は0.8%安の11.08ドルと、5月末以来の安値。同社は先に米紙ニューヨーク・タイムズに対し、地図ツールに採用しているサードパーティーのデータが「破壊的行為に遭った」と話していた。

原題:Snap Shares Slide After Slur Against Jews Takes Over NYC Maps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE