トランプ大統領、為替操作有無の決定方式検討-中国は通貨切り下げ

更新日時
  • 中国は最近の成長鈍化に対応して自国通貨を切り下げ-トランプ氏
  • 政権は4月の報告書でいかなる国・地域の為替操作認定も見送り

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg

トランプ米大統領は30日、政権が各国の為替操作の有無をどう決定するか検討していると述べた。大統領は中国が為替を操作しているとこれまで繰り返し主張してきたが、政権は公式には認定していない。

  トランプ大統領はホワイトハウスの大統領執務室でブルームバーグ・ニュースとのインタビューに応じ、「われわれはその方式を極めて精力的に検討している」と述べた。

  同大統領は、中国が最近の経済成長の鈍化に対応して自国通貨を切り下げてきたと主張。「彼らは通貨切り下げでビジネスの不足を補おうとしている。それは良くないし、そんなことをしてはいけない。それは対等な条件で競争していることにならない」と指摘した。

  トランプ大統領は先週のロイター通信とのインタビューでも、中国が為替を操作していると主張していた。説明や裏付けなしに示された同大統領の主張は、米政府の調査結果と矛盾する。米財務省は4月に公表した半期に一度の為替報告書で、中国やEUを含めいかなる国・地域についても為替操作の認定を見送った。

原題:Trump Says U.S. Looking at ‘Formula’ for China Yuan Manipulation(抜粋)

(第2段落以降にトランプ大統領の発言や背景を追加、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE