日中が反保護主義、金融協力推進で一致-麻生財務相

北京を訪問している麻生太郎副総理兼財務相は30日、韓正筆頭副首相、劉鶴副首相と相次いで会談し、保護主義的な政策は「どの国の利益にもならない」との認識や、2国間の金融協力を推進していくことで一致した。麻生氏が会談後、記者団に語った。

  麻生氏は韓、劉両氏との会談について「関係の一層の改善、発展の観点から極めて有意義だった」と指摘。中国の金融緩和が与える財政規律や過剰債務問題への影響、米国との貿易関係に関しても意見交換したことを明らかにした。財務省幹部によると、麻生氏は米国との通商問題は世界貿易機関(WTO)の範囲内で対応すると説明し、中国側にも連携を呼び掛けた。

  麻生氏は31日も劉昆財政相らとの「日中財務対話」に臨み、円と人民元の通貨スワップ協定の再開に向けた協議などを行う予定だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE