ポンド下落、EUは合意なき離脱にも備えるべきだとバルニエ氏

  • 離脱合意への楽観で前日は7カ月ぶりの大幅上昇
  • 月間では5カ月連続の下げを記録する見通し

30日の外国為替市場では英ポンドが下落。英国の欧州連合(EU)離脱でEU側首席交渉官を務めるミシェル・バルニエ氏が、合意への見通しを巡る楽観に水を差した。

  バルニエ氏は、EUは合意なき英離脱にも備えなければならないと発言。ポンドは反落した。29日は英国に前例のないパートナーシップを提案する可能性があるとの同氏の発言を好感し、7カ月で最大の上昇を演じていた。

  ポンドは前日比0.3%安の1ポンド=1.2994ドル。前日は1.2%高だった。月間では5カ月連続の下落へと向かっている。

原題:Pound Slips as Barnier Says EU Prepared for Disorderly Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE