パナソニック、欧州本社を英国からオランダに移転へ-EU離脱で

  • 移転は1年3カ月にわたり検討してきた-アバディ氏が日経に語る
  • 日本が英国をタックスヘイブンと見なす可能性も決定を促した

パナソニックは英国の欧州連合(EU)離脱を念頭に欧州本社をロンドンからオランダのアムステルダムに移す方針だ。有力企業がまた1社、英国を出て行くことになる。

  欧州事業責任者のローラン・アバディ常務執行役員が日本経済新聞に対し、日本が英国をタックスヘイブンと見なすようになるとの懸念がある中で、欧州本社移転の決定を1年3カ月にわたって検討してきたと明らかにした。日経の報道によると、ロンドン郊外の欧州本社には20-30人程度が在籍する。

原題:Panasonic Plans Post Brexit Move From London to Amsterdam (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE