ゴールドマン元アナリスト、チケットと交換でNFL選手に非公開情報

  • 元アナリストとNFL選手の訴追手続きを検察が開始したと司法省
  • 検察によれば、NFL選手はインサイダー取引で約1.3億円の利益得た
Mychal Kendricks Photographer: Diamond Images/Diamond Images
Photographer: Diamond Images/Diamond Images

米銀ゴールドマン・サックス・グループの元アナリストが、米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)クリーブランド・ブラウンズの選手に企業の合併・買収(M&A)に関する非公開情報を漏らし、NFLフィラデルフィア・イーグルスのチケットや現金を受け取っていたとして、米検察が2人の訴追手続きを開始した。米司法省が発表した。

  フィラデルフィアの連邦地検が29日に明らかにしたところでは、ゴールドマンで2015年まで勤務したダミラー・ソノイキ元アナリスト(27)が14年以降流した情報を使い、友人のミカル・ケンドリックス選手(27)は約120万ドル(約1億3400万円)を得ていた。

  米証券取引委員会(SEC)が並行して起こした民事訴訟によれば、2人は暗号化したテキストメッセージやビデオ通話アプリ「フェイスタイム」を通じて非公開情報をやりとりしていた。ケンドリックス選手は、買収の標的となっていた企業に投資し、わずか2週間で約400%のリターンを得たケースもあったという。

  検察によると、2人は証券詐欺とその共謀罪に問われており、最高25年の禁錮刑と 各500万ドル余りの罰金が科される可能性がある。ケンドリックス選手はクリーブランド・ブラウンズに今年入団する前はフィラデルフィア・イーグルスでプレーしていた。同選手の代理人であるマイケル・シュワルツ弁護士に電話でコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。SECによれば、カリフォルニア州在住のソノイキ元アナリストは、代理人が誰かは明らかでない。

  ゴールドマンは「3年余り前にゴールドマン・サックスを退職したソノイキ氏を巡る状況について当社は承知しており、司法当局に協力している。非公開情報を保護することはわれわれにとって全てに優先し、伝えられるソノイキ氏の行為を強く非難する」とコメントを発表した。ソノイキ元アナリストに電話でコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:Ex-Goldman Analyst Tipped NFL Player for Tickets, U.S. Says (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE