地球半周20時間の直行便を実現へ、ジムや寝台備える可能性

  • 22年導入目指すシドニー・ロンドン便、ボーイングとエアバス設計中
  • バーや託児所など飛行機に乗る以外のアクティビティーも想定

地球半周の距離を飛行するシドニー・ロンドン直行便就航の構想が、大きく前進した。航空機メーカー大手が20時間のフライトを実現させられると、カンタス航空は確信している。

  同社のアラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)は約1年前、米ボーイングと欧州のエアバスに公然とある課題を突き付けた。シドニー発ロンドン行き、あるいはニューヨーク行きの直行便を可能とする旅客機の設計だ。同CEOはこのほど、両社がこの課題をクリアしたと述べた。

  カンタスのシドニーにあるオフィスでのインタビューで、ジョイスCEOは「実現できる手段が備わったと思い、安心している」と述べた。

  同社が「プロジェクト・サンライズ」と呼ぶ計画では、約300人の乗客と荷物をこれまでの通常旅客サービス史上で最も遠くまで運べる機体を必要とする。2022年にシドニー・ロンドン間ルートが実現すれば、オーストラリアから米州や欧州、アフリカの主要都市を結ぶ直行便が続く可能性がある。

Project Sunrise

Qantas is targeting direct flights to New York and London from Sydney by 2022

Source: Qantas

  機内は長距離フライトを考慮したデザインを想定している。ジョイスCEOは「われわれは自分たちに、既成観念にとらわれない考え方を要求している」と述べた。「エクササイズやバー、託児所、寝室、寝台など、飛行機に乗る以外のアクティビティー向けスペースはあるのか。ボーイングとエアバスからは実際、かなり独創的なアイデアが出ている」と話した。

  同プロジェクトについてエアバスは電子メールで、「要件を満たす全ての選択肢を検討しているが、カンタスとの協議に関する詳細にはコメントできない」とした。ボーイングは「航続距離と能力に関して、顧客企業の要件を満たせると確信している」という。カンタスのジョイスCEOは来年発注の計画で、エアバスとボーイング両社を競わせている。

Past the Peak?

Airline industry profits are set to fall as higher fuel costs bite

Source: International Air Transport Association

Note:*Forecast

航空機の貨物積載スペースに作られた寝台

エアバス

原題:The 20-Hour Flight Is Coming. And It May Have a Gym and Bunks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE