ボーダフォン・ハチソン、豪携帯事業をTPGテレコムと統合へ

  • 「対等合併」で8900億円規模の新会社設立
  • テルストラやオプタスと競合できる規模・財務力備える

ボーダフォン・ハチソン・オーストラリアは、豪携帯電話事業をブロードバンド事業者のTPGテレコムと統合し、最大109億豪ドル(約8900億円)規模の新会社を設立することで合意した。

  30日の発表資料によると、「対等合併」で誕生する新会社の株式はボーダフォン・ハチソン株主が50.1%取得し、残りはTPGが保有する。想定される企業価値(EV)は150億豪ドルとなり、テルストラやオプタスと「より効率的に競争できる規模と財務力」を備えるとしている。

  ボーダフォン・ハチソンは、英ボーダフォン・グループと香港の長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス)が出資する豪3位の携帯電話事業者。届出書によると、競争の激化や端末コストの増加が響き、今年1-6月の赤字は9230万豪ドルと、前年同期の8150万豪ドルの赤字から拡大した。

原題:TPG, Vodafone Hutchison to Combine for $8 Billion Company (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE