Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

「イールドカーブ」がにわかに脚光-専門家以外の人も関心か

米国債の「イールドカーブ(利回り曲線)」という言葉がにわかに脚光を浴びている。一般の人に興味のある話題とは思われないが、債券の専門家以外にも関心を持つ人がいるらしい。

  ニューヨーク時間28日午前8時(日本時間同日午後9時)ごろに、”yield curve” の検索が急増した。セントルイス連銀の研究者らも同じ傾向に気づいた。研究者らは27日のブログで、2年物米国債と10年物のスプレッド(利回り格差)が最も人気のある指標として消費者物価指数に置き換わったと指摘した。

  長短利回り格差は2007年以来の最小へ向かっており、逆イールドはリセッション(景気後退)の前兆とされることから一般の人からも注目を集めたようだ。

  ヤルデニ・リサーチの創業者でチーフ投資ストラテジストのエド・ヤルデニ氏はしかし、イールドカーブが投資の専門家以外の行動に影響を与える可能性は低いと言う。

  イールドカーブは金融当局が参考にする多数の指標の一つにすぎず、当局は株式市場の動向も注視していると同氏は指摘。S&P500種株価指数が最高値を更新し続ける中でイールドカーブからの陰気なメッセージが脚光を浴び続けることはないだろうとして「S&P500種は毎日ニュースになっているがイールドカーブはそうではない」と述べた。

Star Potential

Global Google searches for the term "yield curve" spiked Tuesday

Source: GoogleTrends

原題:Yield Curve Goes Viral, But Unlikely to Keep Up With Kardashians(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE