トランプ大統領「真珠湾を忘れない」と6月日米首脳会談で発言-WP紙

更新日時
  • 対日貿易赤字に不満表明、米に有利な2国間の通商交渉入り求める
  • 日朝が7月に極秘接触-事前連絡なかったと米高官は不快感を表明

トランプ大統領と安倍首相

Photographer: Yuri Gripas/Sipa USA

ホワイトハウスで6月に行われた日米首脳会談で、トランプ大統領が「私は真珠湾を忘れない」と述べ、安倍晋三首相が予期せぬ大統領発言に不意を突かれた場面があったことが分かった。米紙ワシントン・ポスト(WP)が28日、会談に詳しい複数の関係者を引用して報じた。

  関係者によれば、トランプ大統領はその後、日本の経済政策を厳しく批判。米国の対日貿易赤字に不満をぶちまけるとともに、米国の牛肉や自動車の輸出業者に一段と有利な内容の2国間貿易協定の交渉に応じるよう、安倍首相に求めたという。

   菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で、報道について「指摘のような事実はない」と否定した。

  同紙はさらに、複数の匿名の関係者の話として、日本は7月に北朝鮮と極秘に接触したことを米側に事前連絡せず、米高官は会談について日本から事前連絡がなかったことにいら立ちを示したと伝えた。ベトナムで会談したのは北村滋内閣情報官と北朝鮮のキム・ソンヘ統一戦線策略室長とされるが、日本の匿名の当局者1人は同紙に対し、情報当局者との会談についてはコメントできないと述べた。菅官房長官は会見でコメントを控えた。

  日本の複数の当局者は、日本人拉致被害者の帰国実現に向けてトランプ政権だけを頼りにするわけにいかないと認めたとWP紙は伝えている。

  同紙は、トランプ大統領の北朝鮮への型破りな対応や日本の貿易慣行に対するネガティブな見方から日米首脳の対話はここ数カ月たびたび行き詰まり、日本側はフラストレーションを募らせていると報道。ただ、日米の当局者はいずれも、両国関係の基盤は引き続き強固だと説明したという。

(3段落目に菅官房長官の否定コメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE