【NY外為】ドル指数が上昇、一時の下げから反転-米経済を楽観

更新日時
  • 米消費者信頼感指数が2000年以来の高水準
  • メキシコ・ペソは値下がり、カナダ・ドルは上昇

28日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が上昇。午前中は軟調に推移していたが、午後に入って上げに転じた。8月の米消費者信頼感指数が2000年以来の高水準となったことで景気に対する楽観が広がり、米国債利回りが上昇したことが手掛かり。

  ブルームバーグのドル指数は3営業日ぶりに上昇。朝方は、月末を控えてポジションを減らす動きが広がったことや、貿易や為替操作を巡る米当局者の発言を受けて、ドルは主要10通貨の大半に対して値下がりしていた。

  その後、消費者信頼感指数が予想外に強い数字となり、米国債利回りが上げを拡大したことを手掛かりに、ドルは下げを縮めた。一方で円や一部の新興国通貨は上げを消した。

  ニューヨーク時間午後4時59分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%上昇。ユーロは対ドルで0.2%高の1ユーロ=1.1695ドル。ドルは対円で0.1%上げて1ドル=111円19銭。 

  メキシコ・ペソは値下がりし、カナダ・ドルは上昇した。

  ムニューシン米財務長官は、北米貿易協定に関して、カナダの参加の是非にかかわらず、米国はメキシコとの合意を前進させると発言。またメキシコとの貿易合意の為替条項を評価した。ロス商務長官は、カナダ経済には米国との貿易合意が必要だと指摘した。

  CIBCはリポートで、「カナダが取り残された場合、カナダ・ドルにとって弱材料となるのは確実だ」としつつ、きょうのカナダ・ドルの上昇は、市場が合意を楽観していることを示唆していると分析した。

  ユーロは上昇。イタリアのトリア財務相は、欧州連合(EU)の財政赤字制限を同国が違反する計画はないと言明。先に報じられたディマイオ副首相の発言を否定した。

欧州時間の取引

  欧州時間にはドルが下落。イタリアや英国発のニュースなどドルを支える要素はあったものの、トレーダーのポジション調整が影響した。この日の欧州時間には、イタリアの財政赤字がEU規則の上限を突破する可能性があるとのディマイオ副首相の発言が報じられたほか、メイ英首相はEUを合意が成立しないまま離脱せざるを得なくなったとしても、EU離脱を成功させることはなお可能だと主張した。

原題:Dollar Turns Higher Amid Optimism About U.S. Growth: Inside G-10(抜粋)
Dollar Stays Under Pressure, Month-End Flows Emerge: Inside G-10

(情報を追加、第5段落以降を加えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE