きょうの国内市況(8月28日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は小幅続伸、米・メキシコ合意で通商懸念後退-2万3000円場面

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は小幅に続伸。米国とメキシコの貿易協定合意で通商問題への懸念が後退し、日経平均は一時2カ月半ぶりに2万3000円を回復する場面もあった。自動車やゴム製品、機械など輸出株、非鉄金属や繊維など素材株、海運株が高い。

  TOPIXの終値は前日比2.68ポイント(0.2%)高の1731.63と3営業日続伸。日経平均株価は13円83銭(0.1%)高の2万2813円47銭と6日続伸し、昨年10月(16連騰)以来の連続上昇記録。

  岡三アセットマネジメントの前野達志シニアストラテジストは、「米国とメキシコの貿易協定合意を受け、徐々にトランプ米大統領も中間選挙に向け各国との通商問題をソフトランディングさせていくとの期待が出てきた」と指摘。米中貿易摩擦は根深いが、「米国の対中製品への2000億ドルの追加関税は大きな政策で、簡単には発動できるとは思わない、11月の米中首脳会談までは先送りになるとの見方があり、マーケットは足元の良いニュースをみている」と言う。

  東証1部33業種は海運、ゴム製品、輸送用機器、機械、非鉄金属、繊維、証券・商品先物取引、不動産、鉄鋼など19業種が上昇。下落は水産・農林、小売、パルプ・紙、食料品、サービス、電気・ガス、医薬品など14業種。

  売買代金上位では、米国とメキシコの合意は自動車業にポジティブと野村証券が評価し、日産自動車やホンダが高い。ファナックやコマツ、日本郵船も上昇。半面、ファーストリテイリングや資生堂、イオン、東宝が下げ、みずほ証券が投資判断を「中立」に下げたすかいらーくホールディングスも安い。

  東証1部の売買高は11億9595万株、売買代金は2兆1494億円、代金は8営業日ぶりに2兆円台を回復。値上がり銘柄数は1018、値下がり982。

●超長期債が下落、流動性供給入札弱めで売り圧力-リスク選好も重し

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は超長期債を中心に下落した。この日に実施された超長期ゾーン対象の流動性供給入札が弱い結果となったことで売り圧力が掛かった。米国とメキシコの貿易協定合意を受けたリスク選好の動きも上値を抑える要因となった。

  現物債市場で新発30年物59回債利回りは日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より1ベーシスポイント(bp)高い0.835%と、2営業日ぶりの水準まで上昇。新発20年物の165回債利回りは0.5bp高い0.61%を付けた。長期金利の指標となる新発10年物国債の351回債利回りは0.5bp高い0.095%で推移。

  三菱UFJ信託銀行資金為替部の鈴木秀雄課長は、相場について、「米国とメキシコの貿易関係で明るい材料が出ており、米金利の上昇を受けて円債も上値が重い展開になった。加えて流動性供給入札が弱めの結果だったので超長期債が午後に入って売られた」と説明した。「10年債利回りの0.09%付近や超長期ゾーンも20年債利回りの0.6%付近などでは上値を買っていく雰囲気ではない」と付け加えた。

  長期国債先物市場で中心限月9月物は米長期金利上昇の流れを引き継ぎ、前日比3銭安の150円46銭で取引を開始。いったん150円49銭まで値を戻す場面もあったが、午後には流動性供給入札の結果を受けて150円44銭まで下落した。結局は1銭安の150円48銭で引けた。

  財務省はこの日、残存期間15.5年超39年未満を対象に流動性供給入札を実施した。結果は投資家需要の強弱を反映する応札倍率が2.26倍と、前回の同年限入札の3.13倍を下回った。最大利回り格差は0.005%、平均利回り格差はマイナス0.001%だった。

●ドル・円が小幅上昇、リスク選好で円売り先行-111円台前半

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は小幅上昇。米国とメキシコの貿易協定合意を好感してリスク選好ムードが広がる中、アジア株の上昇を背景にクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)中心に円売りが先行した。

  午後3時3分現在のドル・円は前日比0.1%高の1ドル=111円24銭。早朝に付けた111円01銭からじりじりと値を切り上げ、正午過ぎには111円36銭まで円安が進んだ。円は大半の主要通貨に対して下落。ユーロ・円相場は一時1ユーロ=130円05銭と今月2日以来のユーロ高・円安水準を付けた。

  みずほ証券の鈴木健吾チーフFXストラテジストは、リスク選好ムードの中、円もドルも売られやすいため、ドル・円は動きづらいが、「少しずつ貿易摩擦の落としどころが見え始めているということは、中長期的にはドル・円の上への原動力になる」と指摘。トルコ情勢が新興国通貨の全面急落などにつながるリスクもかなり後退しているとし、ドル・円は「111円台後半から112円を目指すような感じになりやすい」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE