トランプ米大統領、マケイン氏追悼の半旗再掲揚を指示-批判受け

  • 9月2日の埋葬まで半旗掲揚を続けるよう指示-トランプ大統領
  • ペンス副大統領が弔辞を述べ、ケリー氏らが葬儀に参列する予定

ホワイトハウスで27日午後、再び半旗が掲げられた。25日に死去したマケイン上院議員を悼み半旗にしていた星条旗を翌日には通常の位置に戻したことが、トランプ米大統領への批判を呼んでいた。

連邦議会で27日、半旗が掲揚された

撮影:J. Scott Applewhite / AP Photo

  トランプ大統領は半旗再掲揚後ほどなくして発表された声明で、「政治や政策面で相違はあったものの、マケイン上院議員のわが国への貢献に敬意を表する」と指摘。9月2日にメリーランド州アナポリスの米海軍兵学校に埋葬されるまで半旗掲揚を続けるよう指示したと明らかにした。

  声明によると、ペンス副大統領が31日に連邦議会で弔辞を述べるほか、ケリー米大統領首席補佐官とマティス国防長官、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が政権を代表して葬儀に参列する予定。

故マケイン上院議員

(出所:Bloomberg)

原題:Trump Orders Flags Lowered for McCain Following Criticism (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE