香港カドゥーリー家、先見の明と忍耐が生んだ富と名声

  • カドゥーリー家保有の九竜の居住用物件群の価値は計4900億円
  • ペニンシュラホテルやピークトラムなどランドマーク物件含む

香港の不動産市場ではどのようなこともなし得ると立証しつつあるのがカドゥーリー家だ。

  一夜にして財を成す成金が増えつつある世界にあって、カドゥーリー家は荒れた丘の中腹を超高級住宅地に変えることで、1世紀以上にわたる寡黙な忍耐力が成し遂げ得る成果がどのようなものであるかをこれまで示してきた。資産を手放さずに辛抱強く育て上げていく同家の資質が、「ペニンシュラ」ホテルから125年の歴史を誇る「ピークトラム」まで香港のランドマークとなっている物件を集めることを可能にした。

  ブルームバーグが独立系不動産会社3社の試算を基に推計したところによれば、カドゥーリー家が80年余り九竜半島に保有する居住用物件群の価値は合わせて44億米ドル(約4900億円)と評価され得る。同家のマイケル・カドゥーリー氏が持つ正味資産は最大113億米ドルに達し、香港6位の富豪だ。

カドゥーリー・エステーツのビラ(九竜地区)

出典:Kadoorie Estates Ltd.

  極東でのカドゥーリー家の歴史は1880年代にさかのぼる。バグダッド生まれのユダヤ人、エリー・カドゥーリー氏が兄エリス氏と共に、同じくバグダッドから移り住んだユダヤ人のサッスーン家のために働くため香港にやって来た。証券会社を設立し、ホテルや銀行、発電施設の株式を買い集め、1922年にエリス氏が独身のまま亡くなるとエリー氏が一家を継いだ。

  何よりの先見の明は31年に旺角(モンコック)近くの広い土地をわずか32万6000香港ドルで購入したことだ。41年までに34戸の住宅を建設したが、第2次世界大戦中に旧日本軍に接収されたこともあった。そこが今では世界一の人口密集地となった。香港の住宅価格はここ10年で167%上昇し、世界で最も住宅購入が難しい。

1930年代のカドゥーリーヒル

出典:Kadoorie Estates Ltd.

  
  カドゥーリー・エステーツが提供する高級賃貸物件は企業幹部や富裕層向けで、メディアや音楽界のセレブも住む。多くの入居者が長期にわたり住み続けており、30年を超える契約もあるという。
 
  カドゥーリー家のファミリーオフィス、サー・エリー・カドゥーリー・アンド・サンズのディレクター、ニック・コルファー氏は、7、8年前であればこうした住宅の平均家賃は約10万ー20万香港ドルだったが、今は30万香港ドル前後だと説明する。同氏によれば、入居者が去った物件はリノベートされ再び市場に出る。次の住人が入る際には家賃が最大40%高くなっていることもある。

The Kadoories' Hong Kong Real Estate Trophies

Sources: Kadoorie Estates, The Hongkong & Shanghai Hotels

Photos: Provided by companies, Xaume Olleros for Bloomberg

マイケル・カドゥーリー氏

写真家:Justin Chin / Bloomberg

  不動産助言会社RHLインターナショナルのアナリスト、キース・シウ氏は「九竜地区の中心にある一等地でありながら、周囲が静かな高級住宅だ。カドゥーリー家の名声も物件の価値を高めるのに役立ったのかもしれない」と話す。

Luxe Life

Kowloon home prices have soared over the past 30 years

Source: Hong Kong Rating and Valuation Department

Note: Data show house prices for properties of 160 square meters or above in Kowloon.

  マイケル・カドゥーリー氏(77)と義理の兄弟であるロナルド・マコーレー氏(82)の資産を合わせると約180億米ドル。マイケル氏の祖父であるエリー氏が上海と香港で築いた資産が中心だ。カドゥーリー家は今でも香港を本拠とし、膨大な資産を持ちながらも、富が誇示されるこの都市で目立つことなくビジネスを続けている。

カドゥーリー・エステーツのビラ

出典:Kadoorie Estates Ltd.

原題:The $4.4 Billion Hong Kong Residential Enclave That Cost $41,000(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE