イタリア:国債先物が下落、中国の買いへの期待に財務相が水

  • 訪中はイタリア国債への投資を働きかけるため出ない-財務相
  • EU予算に反対するとのディマイオ副首相の発言も重し

イタリア国債先物が27日の取引で一時の上げを消し下落した。トリア財務相が訪中はイタリア国債への投資を働きかけるためのものではないと言明した。

  ディマイオ副首相が先に、政権が欧州連合(EU)の予算案に反対するプロセスを開始すると述べたことも国債相場の重しになっている。

  コメルツ銀行の債券戦略責任者、クリストフ・リーガー氏によれば、イタリアが借り入れで中国の支援を得られるとの期待が先物相場を支えていた。

  先物9月限は27日、32ティック下落の123.07。10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.17%。イタリアの予算案発表を来月に控え、政治リスクのヘッジに先物を活用する投資家が増えている。

原題:Italian Futures Slip as Tria Pours Cold Water on Chinese Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE