コンテンツにスキップする
Photographer: Manaure Quintero/Bloomberg
cojp

ベネズエラ、金塊を裏付けとする証券発行へ-インフレ急上昇で

  • 年金生活者らの貯蓄手段としてなどの利用を想定-大統領
  • 証券は1.5グラムと2.5グラムの金塊に基づく2種類
Gold bars wrapped in plastic are seen before being transported to the Central Bank of Venezuela in Caracas, Venezuela, on Thursday, March 22, 2018. Gold held by the Central Bank of Venezuela fell 14 percent in value in 2017 compared to the previous year.
Photographer: Manaure Quintero/Bloomberg

ベネズエラのマドゥロ大統領は貯蓄制度の1つとして金塊を裏付けとする証券の発行を来月開始すると発表した。

  マドゥロ大統領のテレビ演説によると、証券は1.5グラムと2.5グラムの金塊に基づく2種類で、年金生活者らの貯蓄手段や、乗用車などを購入するための与信枠としての利用が想定されている。インフレが10万%を超える中で、金は市民にとって、より安定した価値の保存手段となる。

  同大統領は今月、95%の通貨切り下げと3000%以上の最低賃金引き上げを発表。これに合わせて、取引の簡素化に向け通貨の単位を5桁減らした新しい紙幣も導入した。

  金を裏付けにした証券の発行は9月11日に開始する。価格は重さに応じてそれぞれ約3500ボリバル・ソベラノ、5800ボリバル・ソベラノとなる。

原題:Venezuela to Sell Gold Ingots to Pensioners as Inflation Soars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE