ネットフリックスが現実に目覚める-リアリティー番組で現地版

  • 料理番組のメキシコ視聴者向けリメーク版制作が進行-関係者
  • 戦略転換を示すとともに海外市場の重要性の高まりを反映

Source: Netflix

ネットフリックスが現実に目を向け始めた。

  台本がない番組は地上波のテレビやケーブルテレビには定番だが、動画ストリーミング大手のネットフリックスにとっても重要な存在に浮上しつつある。同社は今年これまでに復活版「クィア・アイ」を含む8本のリアリティー番組を放送している。事情に詳しい複数の関係者によると、料理を競う「ネイルド・イット!」(原題)はメキシコ視聴者向けのリメーク版制作が進められている。これは特定の地域に合わせてネットフリックスが手掛ける初のリアリティー番組となる。

International Inroads

The bulk of new Netflix customers came from overseas last quarter

Source: Company reports

  同番組の現地語版制作を決めたことはネットフリックスの戦略転換を示すとともに、海外市場の重要性が高まっていることを反映している。同社の新規契約者の90%以上が海外に住んでおり、メキシコはそのトップ5の市場の一角を占める。同社幹部は既にリアリティー番組のプロデューサーと他の番組の現地版制作について協議していると、関係者が暫定的な計画を理由に匿名で語っている。

  同社で初のリアリティー番組「アルティメット・ビーストマスター」を手掛けたデーブ・ブルーム氏は「ネットフリックスのような世界的なプラットフォームに着目し海外に大きな成長機会を見いだすなら、『画一的で大丈夫だろうか』と考え始める」と語った。

原題:Netflix Gets Real About Reality TV With Mexican ‘Nailed It’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE