米ジェットブルー:受託手荷物の手数料引き上げ-燃料値上がりなどで

米ジェットブルー・エアウェイズは、米国の大手航空会社で初めて、1つ目の受託手荷物の手数料を30ドル(約3330円)に引き上げた。

  従来25ドルだった手数料の5ドル引き上げは、27日予約分の航空券から適用される。ジェットブルーのウェブサイトによれば、2つ目の受託手荷物についても5ドル引き上げて40ドル、3つ目に関しては150ドル(従来100ドル)とした。

  ジェットブルーでは成長鈍化の中、付帯収入の減速や燃料価格上昇などへの対応を進めており、今回の受託手荷物手数料の引き上げもその一環。

  デルタ航空やアメリカン航空グループ、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスでは、受託手荷物手数料は1つ目が25ドル、2つ目は35ドルだ。3つ目に関しては航空会社によって異なる。現在、米大手航空会社で1つ目の受託手荷物の手数料が無料なのはサウスウエスト航空のみ。

原題:JetBlue Increases Fees for Checked Bags as Fuel Prices Climb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE