8月27日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル下落、米メキシコの貿易協定合意でリスク選好

  27日のニューヨーク外国為替市場では、米ドルが主要10通貨全てに対して値下がり。メキシコと米国との間で貿易協定が締結されるとの楽観からリスク選好が強まった。カナダ・ドルは上昇した。

  カナダ・ドルは米ドルに対して6月14日以来の高値に上昇。米・メキシコの合意を受け、カナダが交渉に参加するとの期待が広がった。トランプ大統領は、北米自由貿易協定(NAFTA)を打ち切り、メキシコとの新たな貿易協定に署名すると述べた。

  カナダのフリーランド外相は28日にワシントン入りし、協議を開始する。メキシコのビデガライ外相は、カナダを含めた3カ国での合意締結を目指しているとしつつ、米国との2国間協定も容認可能だと述べた。

  ライトハイザー通商代表部(USTR)代表は、カナダが週内に協定に署名するとの期待を表明した。

  ニューヨーク時間午後4時59分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前営業日比0.4%低下。ドルは対ユーロでは0.5%安の1ユーロ=1.1678ドル。対円では0.1%下げて1ドル=111円08銭。米ドルはカナダ・ドルに対して0.5%下落の1米ドル=1.2967カナダ・ドル。

欧州時間の取引

  欧州時間にはユーロが下落。イタリアの政治情勢がリスクとして再浮上するとの懸念が強まった。

  イタリアのディマイオ副首相兼経済発展相は、6月の欧州連合(EU)首脳会議での難民対応に関する合意を各国が実行していない状況に言及し、イタリア政府としてEUの次期予算に反対する手続きに着手すると表明した。
原題:Potential Nafta Revamp Buoys Loonie, Weighs on USD: Inside G-10
Euro Drops on Italy Risk Return; Yuan Drives Dollar: Inside G-10 (抜粋)

◎米国株・国債・商品:S&P500最高値更新、米メキシコ合意で

  27日の米株式相場は続伸。S&P500種株価指数は前週末に続く過去最高値更新となった。トランプ米政権がメキシコと新たな2国間貿易協定に署名すると発表したのが手掛かり。米国債は株高を重しに下げ、遅い時間に日中安値近くで推移した。

  • 米国株は続伸、S&P500種は連日の高値更新-米メキシコ合意受け
  • 米国債は下落、遅い時間に日中安値-10年債利回り2.85%に上昇
  • NY原油は続伸、ドル下落・薄商いの中
  • NY金は続伸、米メキシコの貿易協定合意受けたドル安で

  S&P500種は2900の節目に迫り、ナスダック総合指数は史上初の8000超えとなった。トランプ大統領はこの日、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる貿易協定を発表。自動車および自動車部品株の値上がりが特に目立った。ダウ工業株30種平均は2月以降で初めて26000ドル台に乗せた。

  S&P500種は前週末比0.8%高の2896.74。ダウ平均は259.29ドル(1.0%)上げて26049.64ドル、ナスダック総合は0.9%高の8017.89。ニューヨーク時間午後4時38分現在、米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.85%。

  ニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は続伸。英国市場が休場で出来高が通常の4割程度となる中でドルが下落し、商品相場を押し上げた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は15セント(0.2%)上昇の1バレル=68.87ドルと、約2週間ぶりの高値で終えた。ロンドンICEの北海ブレント10月限の終値は39セント高い76.21ドル。

  ニューヨーク金先物相場は続伸。米国とメキシコが新たな貿易協定に合意したことで、ドルが下落したのが背景。RJOフューチャーズのシニア市場ストラテジスト、フィル・ストライブル氏は「ドル指数が重要な下値支持水準を割り込んだ」とし、これが「金やその他商品を押し上げている」と述べた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.2%高の1オンス=1216.00ドルで終了。

  MUFGユニオンバンクのチーフ金融エコノミスト、クリス・ラプキー氏は「株式市場は貿易戦争が始まりよりも終わりに近いと確信している」と指摘。「貿易戦争のドミノが一つ一つ後ろに倒れ、世界経済を脅かすリスクから外れている」と語った。

  貿易面での進展を受け、投資家はトランプ大統領自身の法律問題、米国の対ロシア追加制裁、シリアを巡る米ロ間の舌戦など数多くのマクロ材料を受け流した。

  米国債は幅広い年限で下落。中でも10年債の下げ幅が最も大きく、2年債と10年債の利回り差は拡大した。財務省が今週実施する中長期国債入札で最初となった2年債入札(規模360億ドル)では、最高落札利回りが2.655%と、入札前取引の利回りと一致した。
原題:U.S. Stocks Set Records, Peso Rises on Trade Pact: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Fall Amid Progress Toward Trade Deal, 2-Year Auction
Crude Edges Higher Amid Low-Volume Trading and Dollar’s Decline
Gold, Other Metals Climb as Dollar Slumps on U.S.-Mexico Accord

◎欧州債:ドイツ国債下落、強い統計で-イタリア国債も安い

  27日の欧州債市場ではドイツ国債の利回り曲線がベア・スティープ化した。米国を中心に株式相場が堅調となったほか、ドイツの経済統計で強い数字が出たことがきっかけ。イタリア国債は政治関連の発言を嫌気して下げが再開した。

  ドイツIfo経済研究所の企業景況感指数は予想を上回り、ドイツ国債は下落。米国の株式市場がハイテクセクターを中心に堅調に寄り付き、欧州にも買いが波及した後、ドイツ国債の売りは勢いを増した。

  イタリア国債はベア・フラット化。イタリア政府は欧州連合(EU)予算を拒否する意向を示唆。中国訪問中のトリア財務相は、イタリア国債の買い手を探してはいないと発言。

  ドイツ10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.38%、スペイン10年債利回りは2bp上げて1.41%、イタリア10年債は1bp高い3.16%。
原題:Bunds, BTPs Decline, Curves Diverge; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE