ドイツ:8月Ifo景況感指数、9カ月ぶりに上昇-貿易懸念底打ちか

  • 103.8と前月の101.7から上昇-市場予想は101.8だった
  • 期待指数は101.2(前月98.2)と1月以来の高水準

ドイツのIfo経済研究所が集計した8月の独企業景況感指数は9カ月ぶりに上昇した。貿易摩擦を巡る懸念が底を打ったもようだ。

  Ifoが27日発表した8月の同指数は103.8と、前月の101.7から上昇。昨年終盤に過去最高に達した後の低下に歯止めがかかった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は101.8だった。8月は期待指数も上昇した。

  Ifoによると、最新の指数は7-9月(第3四半期)の経済成長率が0.5%となることを示唆する。

  8月の現況指数は106.4と前月の105.4(改定値)を上回り、期待指数は101.2(前月98.2)と1月以来の高水準を記録した。

原題:German Business Confidence Rises for First Time in Nine Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE