アジア富裕層描く「クレイジー・リッチ!」が2週連続1位-北米映画

  • 興行収入は推計2500万ドル-調査会社コムスコア
  • 初登場作品では「ハッピータイム・マーダーズ」が3位

週末の北米映画興行収入ランキングでは、シンガポールに住む富裕層のライフスタイルを描いたロマンチックコメディー「クレイジー・リッチ!」が2週連続で首位となった。

  調査会社コムスコアが電子メールで26日配布した資料によると、同作品の興行収入は推計2500万ドル(約28億円)。

 

「クレイジー・リッチ!」

出典:ワーナー・ブラザース

  「クレイジー・リッチ!」の成功は、ハリウッドで存在感を高めたいアジア系の映画関係者に歓迎されている。配給のワーナー・ブラザースによれば、同作品はシンガポールをはじめとするアジアでも公開が始まり、海外での収入は8400万ドルとなった。

  初登場作品ではSTXエンターテインメントの「ハッピータイム・マーダーズ」(原題)が1000万ドルで3位、グローバル・ロードの「A.X.L.」が294万ドルで9位。

原題:‘Crazy Rich Asians’ Fends Off Competition to Stay No. 1 Film (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE