中国石油化工:1-6月の純利益、半期で過去最高-原油回復追い風

  • 1-6月の純利益は約6900億円-2000年以降で最高
  • 製油の利益拡大、上流部門の損益も大きく改善

石油精製で世界最大手、中国石油化工(SINOPEC)が26日発表した1-6月(上期)の純利益は前年同期比で増加し、半期としては過去最高となった。製油部門の利益が拡大したほか、原油相場の回復で上流の石油・ガス探鉱部門の損益が大きく改善した。

  SINOPECが上海証券取引所に26日提出した文書によれば、1-6月の国際会計基準の純利益は424億元(約6900億円)。ブルームバーグのデータをさかのぼれる2000年以降、半期としては過去最高を更新。前年同期は279億元だった。

  探鉱・生産部門の1-6月の営業赤字は4億1200万元と、前年同期の183億元から大幅に縮小した。製油部門の営業利益は32.5%増の389億元、化学部門は29.7%増益となった。

Riding Oil's Rally

Crude's rebound helped push Sinopec's half-year profit to the highest on record

Source: Company filings, Bloomberg data

原題:World’s Top Refiner Sinopec Posts Record Profit as Oil Recovers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE