アルトマイヤー独経済相:トルコへの金融支援の緊急な必要性ない

  • 独政府が目指しているのはトルコとの経済関係の発展と経済相
  • アルトマイヤー経済相はメルケル首相の盟友

ドイツのアルトマイヤー経済相は26日、トルコへの金融支援の緊急な必要性はないと述べた。

  メルケル首相の盟友である同相は、ドイツ政府が目指しているのはトルコとの経済関係の発展だと説明した。ドイツはトルコの最大の経済パートナーであり、ドイツ企業が一部ないし100%出資する6500社余りがトルコ国内で事業展開している。

  アルトマイヤー経済相はベルリンでのイベントで、「われわれは経済協力を機能させることに関心を持っている」と述べた上で、「これは金融・経済支援とは別物だ。私は現在の状況が決断を要するほどではないと思っている。政府支援は、良好で成長する経済がもたらすものの代わりにはなり得ない」と説明した。

原題:No Immediate Need for Aid to Turkey, Merkel Ally Altmaier Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE