香港・上海の「ボンドコネクト」、即時DVP始まる

香港と上海の債券市場をつなぐ「ボンドコネクト」で、海外の投資家から要望が多かった即時決済プロセスが始まった。香港取引所の広報担当、陳涓涓氏が電子メールで明らかにした。

  24日導入されたリアルタイム・デリバリー・バーサス・ペイメント(DVP)では、証券の引き渡しと代金の支払いが同時に行わる。2017年7月にスタートした債券市場接続を通じた売買高拡大につながると期待されている。

原題:China-Hong Kong Bond Link Adds Upgrade Investors Sought (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE