シティ、今年はアジア株式部門にとって10年で最高の年となる見通し

  • 同部門の通期の収入はこのままいけば10年で最大の伸びとなる
  • シティの株式部門は昨年7月以来、約30人の幹部を採用
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

米銀シティグループは、アジア株式部門が金融危機以降で最高の業績を記録すると予想している。これは同行が勢いを維持するのに寄与する可能性がある。

  2018年1-6月(上期)の収入は前年比33%増加しており、このままいけば通期ではここ10年で最大の伸びとなると、アジア太平洋の株式責任者リチャード・ヘイズ氏(香港在勤)がインタビューで述べた。世界的に市場環境が厳しさを増しているが、事業立て直しの時期に行ったテクノロジー投資や、最近の幹部採用が業績を後押しすると同氏はみている。シティの株式部門には昨年7月以来、マネジングディレクター4人を含む約30人の幹部が加わった。

  ヘイズ氏によると、米銀は欧州銀の苦境から恩恵を受けているほか、欧州連合(EU)の金融・資本市場の包括的な規制である第2次金融商品市場指令(MiFID2)の施行を受けて、顧客が幅広いサービスを一括提供する大手証券会社に移っていることも追い風となっている。

  ヘイズ氏は「欧州銀の多くが苦戦している事業環境が、市場シェア拡大の強い要因となっている。一部銀行の混乱によって顧客が増えている」と話した。

原題:Citigroup Sees Best Year in a Decade for its Asian Equities Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE