8月23日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドルが上昇、米金融当局者が中銀の独立性擁護

  23日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。ブルームバーグのドル指数は6営業日ぶりに反発し、時間と共に上げ幅を拡大した。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のジャクソンホール会合での講演を翌日に控え、中央銀行の独立性を擁護する米金融当局者発言が注目を集めた。

  ドルは主要10通貨の全てに対し上昇。ドル指数は一時、6月中旬以来の大幅上昇を記録した。パウエル議長が講演でタカ派的スタンスを維持するとの見方で、短期物の米国債利回りが上昇したのが背景。商品相場の下落が重しとなり、オーストラリアやカナダなど資源国の通貨は軟化した。トランプ米大統領の批判は米金融当局の政策には影響しないとのジョージ・カンザスシティー連銀総裁の発言が、短期債利回りの上昇を促した。

  ニューヨーク時間午後4時45分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.7%上昇。ドルは対円で0.6%上げて1ドル=111円26銭、対ユーロでは0.5%高の1ユーロ=1.1544ドル。

  BNPパリバの北米為替戦略部門責任者、ダニエル・カッツァイブ氏は「週初には市場はドル・ロングに違和感を覚えていた。米中間と米・メキシコ間の協議が進展し、米金融当局のスタンスがよりハト派的になる可能性があった」と指摘。「週後半に向かう中でこうしたリスクが後退し、また逆の流れになった」と話した。

欧州時間の取引

  ドルが主要通貨と新興国通貨の大半に対し上昇。市場の注目は、パウエル氏が翌日ジャクソンホール会合で行う講演に移った。同会合の開始前ぎりぎりのところでポートフォリオを調整するファンド勢の動きがドルを押し上げたと、アジアと欧州のトレーダーらは指摘した。
原題:Dollar Rises as Fed Presidents Defend Independence: Inside G-10(抜粋)
Dollar Rallies as Fed’s Powell Seen Staying Hawkish: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が続落、貿易巡る懸念で-原油・金も安い

  23日の米国株相場は続落。一方でドルは2週間で最大の上げとなった。米中間の貿易対立は緩和の兆しを見せていない。商品相場は値下がりした。

  • 米国株は続落、米中間の貿易対立は緩和の兆し見えず
  • 米国債は10年債、2年債とも利回りが上昇
  • NY原油は6日ぶり下落、ドル上昇で妙味が低下
  • NY金は5日ぶり下落、ドル値上がりで

  S&P500種株価指数は続落、貿易動向の影響を受けやすい銘柄の下げがきつかった。一方でテクノロジー株は上昇。トランプ大統領はこの日、貿易戦争の継続を示唆。米中両国は23日、互いに相手国からの160億ドル(約1兆7700億円)相当の輸入品への追加関税を発動させた。両国の次官級通商協議はこの日終了する。

  S&P500種株価指数は前日比0.2%安の2856.98。ダウ工業株30種平均は76.62ドル(0.3%)下げて25656.98ドル。米国債市場では、ニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.83%。2年債利回りは3bp上げて2.62%。

  ニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が小幅安。6営業日ぶりの下落となった。ドル上昇でドル建て商品の妙味が低下した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は3セント安い1バレル=67.83ドル。ロンドンICEの北海ブレント10月限は5セント下げて74.73ドル。

  ニューヨーク金先物相場は5営業日ぶりに下落。トランプ大統領の批判をよそに、米金融当局は利上げを続けるとの見方からドルが反発したことが手掛かり。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.8%安の1オンス=1194ドルちょうど。

  BNYメロン・インベストメント・マネジメントのシニア投資ストラテジスト、リズ・ヤング氏はブルームバーグでのインタビューで、「われわれが注視している大きなリスクの一つは中国との通商協議だ。協議が続いており、双方がなお交渉に前向きなのは明るいことだが、米国の中間選挙の前に極めて大きく前進することはないだろう」と指摘。「その時期まで中国は先延ばしする可能性がある。状況がどうなるか分かるのはそれ以降だ」と加えた。

  今週はワイオミング州ジャクソンホールでカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムが開かれ、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は24日に講演する。
原題:U.S. Stocks Fall on Trade Angst; Dollar Rallies: Markets Wrap(抜粋)
Crude Sinks as Dollar Rebounds on Trump’s Trade War Enthusiasm
PRECIOUS: Gold Weakens on Stronger Dollar, Interest-Rate Outlook

◎欧州債:ドイツ債は変わらず、イタリア債続落

  23日の欧州債市場では、ドイツ債の利回り曲線と先物が前日からほぼ変わらなかった。イタリア債はリスクオフの地合いに後押しされ、下げ幅をやや縮めた。

  • ドイツ債は中国株の上昇と予想を上回るフランスとドイツのPMIで上げを解消。5年債がこの動きを主導した
    • 中期債を中心とした社債発行も相場を圧迫したが、価格が決定されると下げを縮小した
  • イタリア債は朝方は堅調だったが、リスクが意識され10年物までの全年限で下落
  • ドイツ10年債利回りは前日から変わらずの0.35%、スペイン10年債利回りは1bp低下の1.37%、イタリア10年債利回りは3bp上昇の3.09%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Bunds Steady While BTPs Pare Drop; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為、米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE