ベネズエラの通貨切り下げはもう失敗-闇市場で相場が独り歩き

  • 政府は為替市場で資金を供給しない方針-取引開始は22日
  • 闇市場の為替レートは既に最安値を更新している
Photographer: Carlos Becerra/Bloomberg

ベネズエラの大胆な95%の通貨切り上げは、ドル売買の利用で長年主流だった闇市場をつぶす狙いもあったようだ。ただこうした思惑は早くも崩れた。

  金融システムが今週再開してから数時間で闇市場のボリバル相場は既に独り歩きしている。一部の闇市場は1ドル=65ボリバルで、100ボリバルを付けた市場もある。いずれもマドゥロ大統領が17日夜に設定した新公式レート(同60ボリバル)を上回る水準だ。同国では通貨の単位を5桁減らすデノミも実施されている。

  公式レートと闇市場の相場を統合させる試みは多くの要因で頓挫した。その1つは公的な市場で誰がドルを売買できるかを規定する通貨統制が残っていることだ。また、新たな為替レートが信頼できないと投資家の目に映っていることも関係している。政府は今回の措置と合わせて最低賃金の3500%引き上げを発表したが、ハイパーインフレが猛威を振い、新通貨の価値が損なわれる可能性は高そうだ。

  一方、公式レートで具体的に誰がドルを供給するかについても不透明だ。外貨建て債でデフォルト(債務不履行)に陥ってから貴重なハードカレンシーの温存を目指している政府は、供給しないと表明。 セルパ経済・財務相は「取引される資金は民間セクターから来るだろう」と述べている。

  新たな通貨市場の取引開始日は22日。需給が実際のレートを決定すると同相は述べているが、政府はレートがマドゥロ大統領の設定した当初の1ドル=ボリバルから離れ過ぎないようにする見通し。新たな制度導入後のドル購入上限は市民が月間500ドル(約5万5400円)、企業は同40万ドルとなるが、実際にそれが機能するのは供給が十分な場合に限られる。

原題:Venezuela Devaluation Already Failed, Black Market Trading Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE