Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

ビットコインETFの上場申請、SECがまた認めず-市場操作懸念で

  • プロシェアーズとグラナイトシェアーズ、ディレクシオンの申請却下
  • SECは7月下旬にもウィンクルボス兄弟の上場申請を拒否している
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

米証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨ビットコインを裏付けとした上場投資信託(ETF)の米上場について、プロシェアーズとグラナイトシェアーズ、ディレクシオンによる申請を認めない判断を下した。価格が市場操作の影響を受けやすい可能性を懸念している。

  SECは22日に同委のウェブサイトに掲載した資料で、ETF上場を目指す取引所が「詐欺行為や市場操作的な行動・慣行」をいかに阻止するかが3社の申請には明示されていないと指摘した。SECは7月下旬にも双子のキャメロン、タイラー・ウィンクルボス兄弟が申請したビットコインETFの上場申請を同様の理由で拒否している。

  仮想通貨ETF上場を認めないSECの姿勢は今年のビットコイン相場に大きな打撃を与えている。ただ先に下された判断が他の提案にとって悪い予兆と広く見なされていたため、今回の決定には意外感があまりなかった。ビットコインはアジア時間23日の早い時間帯の取引で6360ドル前後と、1%未満の上昇となっている。

原題:SEC Quashes More Bitcoin ETF Pitches in Another Blow to Crypto(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE