トランプ氏:口止め料支払いは後で知った-コーエン被告の主張否定

更新日時
  • コーエン被告はトランプ氏の指示で女性らに支払ったと証言していた
  • モラー氏が関心抱きそうな情報をコーエン被告は持っていると弁護士

トランプ米大統領は22日、選挙資金を女性2人の口止め料に充てた疑惑を否定した。前日に検察は、トランプ陣営の一部当局者がこの支払いを把握していたと論じていた。

  トランプ大統領はFOXニュースとのインタビューで、不倫関係を主張する女性らへの支払いを自分は「後になって」知ったと発言した。しかし、トランプ氏の長年の個人弁護士で相談相手であったマイケル・コーエン被告は前日の有罪答弁の際、トランプ氏の指示を受けて支払いを行い、選挙資金法に違反したと述べており、2人の発言は矛盾する。

  トランプ氏はFOXとのインタビューで、「実際のところ、それを耳にした時、まず疑問に思ったのは選挙資金から支払われたのか、ということだった。そうであれば、少々まずいからだ」とした上で、「支払いに選挙資金は使われていなかった。それは大きい」と語った。

  コーエン被告の代理人であるラニー・デービス弁護士は22日のインタビューで、2016年米大統領選に影響を与える目的の口止め料支払いを巡って、トランプ氏の指示をトランプ陣営の当局者らが知っていたことを裏付ける独自の証拠が検察側にあると考えられると発言。デービス氏は検察の罪状に、氏名は明示してないもののトランプ陣営の1人ないし複数の者が支払いを把握していたとの記述があると指摘した。これは検察が引き続きトランプ陣営への捜査を続けている可能性を示唆する。

  コーエン被告が16年に録音したトランプ氏との会話は、同氏が少なくとも1件の支払いについて報告を受けていたことを示しているとみられている。

  デービス氏はまた、16年の米大統領選へのロシア介入疑惑を捜査しているモラー特別検察官が関心を抱くような情報をコーエン被告は持っていると述べた。

原題:Trump Denies Cohen’s Claims as Scrutiny of Campaign Intensifies(抜粋)

(コーエン被告の弁護士の発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE