7月の米中古住宅販売:4カ月連続減、16年2月以来の低水準

更新日時
  • 前月比0.7%減、年換算534万戸-市場予想540万戸
  • 値上がりと借り入れコスト上昇で購入意欲が減退

全米不動産業者協会(NAR)が22日発表した7月の中古住宅販売件数は減少、2016年2月以来の低水準に落ち込んだ。前月比マイナスは4カ月連続。

中古住宅販売のハイライト (7月)

  • 販売件数は前月比0.7%減の年換算534万戸と、2016年2月以降で最少。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は540万戸だった。前月は538万戸で、速報値からの修正はなかった。
  • 販売価格(中央値)は前年同月比4.5%上昇の26万9600ドル
  • 在庫は前年同月比横ばいの192万戸

  米不動産市場の冷え込みの兆候は、このところの他の統計でも示されている。賃金の伸びを上回るペースの物件の値上がりと借り入れコスト上昇で、住宅の潜在的な買い手の購入意欲が衰えている。

米中古住宅販売件数の推移

bllomberg

  7月の中古販売は、地域別では北東部が8.3%減少と、全体を押し下げた。南部と中西部も減少、西部は増加した。

  販売に対する在庫比率は4.3カ月で、前月と変わらず。一戸建て住宅の販売は0.2%減の年率475万戸。集合住宅は4.8%減の59万戸だった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Existing-Home Sales Unexpectedly Slump to Two-Year Low (1)(抜粋)

(第2段落以降に詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE