ロッキード:日本の次期戦闘機、日系企業に5割以上の生産分担-日経

国防関連で世界最大手の米ロッキード・マーティンは、日本が2030年をめどに導入する次期戦闘機について日本企業に開発・生産の分担比率50%以上を認めた。ロッキードが防衛省に提出した開発計画を引用し、日本経済新聞が報じた。

  • 次期戦闘機はロッキードのF22を主体に改修
  • ロッキードは将来的に中核部品のエンジンをIHIに担わせる意向も示した-日経
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE