コーエン被告の弁護士:トランプ氏が罪を犯すよう被告に指示

更新日時
  • 支払いがコーエン氏の罪なら、トランプ氏の罪でもあるはずだと主張
  • 被告は家族と国を第一に考え、真実を語るとの約束果たしたと弁護士

トランプ米大統領の長年の個人弁護士で、選挙法違反などの罪で起訴されたマイケル・コーエン被告の弁護士を務めるラニー・デービス氏は21日、コーエン氏が有罪答弁を行った後に声明を発表し、トランプ氏がコーエン被告に「罪を犯す」よう指示したと述べた。

  デービス氏は同声明で、「コーエン被告がきょうこのような行動に出たのは、自分の家族が次の段階に進めるようにするためだ」と説明。「コーエン被告は7月2日に自分の家族と国を第一に考え、トランプ氏に関して真実を語ると約束しており、これを果たした。コーエン被告は、トランプ氏が選挙に影響を与えることを主な目的に、女性2人に支払いを行い罪を犯すよう指示したと宣誓証言した。これらの支払いがコーエン被告の罪なら、なぜトランプ氏の罪でないのだろうか」と述べた。

原題:Michael Cohen Lawyer Says Trump Directed Him to ‘Commit a Crime’(抜粋)


(声明の内容の詳細を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE