英国のEU離脱交渉、今後は継続的に行う-バルニエ首席交渉官

  • EU首席交渉官のバルニエ氏:交渉は最終段階、妥協点見いだせる
  • バルニエ氏、11月の可能性を示唆-年末よりかなり前に合意の必要

英国と欧州連合(EU)は今後、英EU離脱交渉を「継続的」に行う方針だ。EUのバルニエ首席交渉官が21日、ブリュッセルで記者団に明らかにした。英国がEUとの合意なしで離脱する事態を回避するための時間は少なくなりつつある。

  バルニエ氏は同日、英国のラーブEU離脱担当相と会談後、「交渉は今、最終段階に入っている」と述べ、「われわれは妥協点を見いだすことはできる」ものの英国は「単一市場を尊重する」必要があると指摘した。

  英国のEU離脱交渉は数週間にわたり事実上行き詰まっており、来年3月の離脱より前に議会が承認できるよう、今年10月までに離脱条件に関する合意をまとめることが双方の急務となっている。

  バルニエ氏は実質的な交渉期限とされてきた10月までの合意実現へのコミットはしない一方で、それよりかなり遅くなることはないだろうとの見解を繰り返し、11月の可能性はあるとの見方を示唆。「年末よりかなり前に」にまとめる必要があると述べた。

原題:Brexit Talks Will Be Non-Stop From Now With Markets Jittery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE