マナフォート被告に有罪評決、米連邦地裁陪審-大統領に打撃

更新日時
  • 税法違反や銀行詐欺など8つの訴因で有罪が認定された
  • 他の10の訴因については評決に至らず、判事が評決不能を宣言

米バージニア州アレクサンドリアの連邦地裁陪審は21日、2016年の米大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めたポール・マナフォート被告に有罪評決を下した。大統領選へのロシアの介入疑惑を捜査するモラー特別検察官にとって、極めて大きな勝利となる。

  同被告は税法違反を巡る5つの訴因、政府に財務書類の提出を怠ったことに伴う1つの訴因、銀行詐欺の2つの訴因で有罪が認定された。他の10の訴因については、陪審は評決に至らなかった。所得や海外の税口座について税務当局を欺き、それらの口座を申告せず、銀行から融資をだまし取った責任が問われた。

  マナフォート被告への有罪評決は、トランプ大統領をこの日見舞った二重の打撃の一つ。トランプ氏の個人弁護士を長く務めていたマイケル・コーエン被告は21日、マンハッタンの連邦地裁で、脱税や虚偽の財務報告、違法な選挙献金を巡る8つの訴因について有罪を認めた。

  マナフォート被告の裁判では、陪審が評決に至らなかった10の訴因について、連邦地裁判事のT・S・エリス3世が評決不能を宣言した。

  マナフォート被告は引き続き勾留され、マネーロンダリング(資金洗浄)と司法妨害、外国代理人としての登録を怠った罪を巡り、9月17日にワシントンの裁判所での公判に臨む。  

原題:Paul Manafort Convicted at Fraud Trial in Victory for Mueller(抜粋)

(評決の詳細などを追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE