ソフトバンク、カーシェアリングの米ゲッタラウンドに出資

  • ゲッタラウンド、3億ドル(約331億円)の資金を調達
  • 資金調達分を含めた企業価値は8億ドル超-関係者

孫正義氏

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソフトバンク・グループは新たにカーシェアリング企業に出資した。同社が主導役となり、サンフランシスコに本社を置く新興企業ゲッタラウンドは3億ドル(約331億円)の資金を調達した。

  今回の投資はソフトバンクが次世代の自動車利用に一段と関心を寄せていることを示唆している。同社はこれまでにインドの配車サービス企業オラやシンガポールのグラブ、中国の滴滴出行、米ウーバー・テクノロジーズなどに出資してきた。

  情報が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者によると、今回の資金調達分を含めたゲッタラウンドの企業価値は8億ドル超となった。同社は企業価値の公表を拒否した。

原題:SoftBank Invests in Another Ride-Sharing Startup: Getaround(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE