ノルウェー・ファンドがテスラについてー「好きなのはお金を生む会社」

Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

米電気自動車メーカー、テスラが株式を非公開化するべきかどうかについては諸説あるが、ノルウェーの政府系ファンド(SWF)はどちらとも言わない。

  ファンドの副最高経営責任者(CEO)、トロン・グランデ氏は21日のインタビューで、「当ファンドとしての見解はない」と述べた。「われわれはお金を生み出している企業に投資したい」と付け加えた。

  テスラのイーロン・マスクCEOは今月ツイッターで、同社を非公開化する意向を示したが、投資家は資金を確保できるのかを疑問視している。テスラのキャッシュフローはマイナス。

  ウェブサイトで公表されたデータによると、ノルウェー政府系ファンドは2017年末時点でテスラ株0.48%を保有していた。大半の投資家に比べて長期保有が可能な同ファンドがこの持ち分を問題視しているか有望視しているかの問いに、グランデ氏はどちらでもないと答えた。

  また、同ファンドは未公開株への投資を認められていないため、テスラの非公開化を支援することはできない。

原題:Biggest Wealth Fund on Tesla: We Like Companies That Make Money(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE