中国HNA上場6社、時価総額1兆円超消失-債務懸念で取引再開後に

  • 負債の多さが目立つHNAを巡る根強い懸念が浮き彫りに
  • 海南海航基礎設施投資集団、取引再開後7日続落-45%余り下げ
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国の複合企業、海航集団(HNAグループ)傘下の上場企業6社の時価総額が、取引再開後で合計約100億ドル(約1兆1000億円)目減りした。中国企業でも負債の多さが目立つHNAを巡る懸念が根強いことが浮き彫りになった。

  売買再開後の時価総額の消失が約100億ドルに達したのは21日午前の取引。午前の取引終了時点では約98億ドルに縮小した。上海、深圳各市場に上場する6銘柄は取引再開以降、いずれも株価指数のパフォーマンスを下回っている。海南海航基礎設施投資集団に至っては再開後7営業日続落し、計45%余り下落している。

  HNAグループが借り入れコスト拡大への対応に乗り出す中、各銘柄は大きな再編計画を理由に数カ月にわたり売買が停止されていた。取引できないHNA銘柄は海航科技を残すだけとなっている。

Falling Stocks

Six HNA units have lost $10 billion in total market value since their trading resumptions

Note: Based on Aug. 21 prices

原題:HNA Units Lose $10 Billion in Market Value After Resumptions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE