米民主議員、ボルトン氏がブティナ被告との接触開示したか質問状

  • 議員2人がケリー大統領首席補佐官に質問状を送付
  • ブティナ被告は工作員としての共謀罪で先月起訴された

米民主党下院議員2人は、ロシア工作員として共謀罪などで先月起訴されたロシア国籍の銃所持権利活動家マリア・ブティナ被告(29)との接触をボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が機密情報へのアクセス権限申請書で開示したかどうかを明らかにするようホワイトハウスに求めた。

  ケリー米大統領首席補佐官宛ての20日付書簡でこの要請を行ったのは下院監視・政府改革委員会のイライジャ・カミングス民主党筆頭理事と同党のスティーブン・リンチ下院議員。

  両議員はブティナ被告が主催した可能性がある銃の所持権利を巡る2013年の討論会に、ボルトン氏が全米ライフル協会(NRA)のデービッド・キーン会長(当時)の要請を受けてビデオで参加したとする報道などを引用した。

  同報道によると、ボルトン氏はこのビデオで、ロシア憲法により幅広い銃保持権利を盛り込む改正案への支持を表明した。米国家安全保障会議(NSC)はこれら議員の書簡へのコメントを控えた。

  ブティナ被告は先月15日、NRAなどの組織に入り込んで米政治に影響を与えようとしたとして逮捕され、同17日に起訴された。その後、罪状認否で無罪を主張した。

原題:Democrats Ask If Bolton Revealed Contacts With Russian Butina(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE