ターンブル豪首相が自由党党首選で勝利、ダットン内相は辞任

更新日時
  • 自由党党首選:ターンブル首相は48票、ダットン内相は35票-スカイ
  • 党首選で勝利も党内で亀裂拡大、再び退陣迫られる恐れ

ターンブル豪首相は21日、自由党党首選で勝利した。内閣の支持率低下に失望した同党議員から党首交代を求める声が挙がっていた。

  同党議員による党首選でターンブル首相が48票、ダットン内相が35票を獲得した、とスカイ・ニュースが伝えた。ただ、首相の立場は弱まり、政府内で亀裂が拡大しており、再び退陣を迫られる可能性が高い。ダットン内相は党首選の後、閣僚を辞任したとスカイは伝えた。

  フリンダース大学のハイドン・マニング教授(政治・公共政策学)はターンブル首相の退陣シナリオが鮮明になってきたと述べ、「これは古典的な二部構成で、第一幕は辛くも失敗するが、第二幕で成功する舞台設定だ」と指摘した。

  ターンブル首相(63)は2016年の総選挙では僅差で自由党・保守党連立政権を維持できたものの、それ以来、政策のけん引力や政治的求心力の確保に苦戦してきた。政府はその後、世論調査では最大野党の労働党に支持率で後れを取っており、5月までに選挙が予定される中、ターンブル首相の指導力を巡り不穏な空気が広がっている。

  ここ1週間は、主要なエネルギー政策を巡って複数の若手議員が反対票を投じる構えを見せ、政府に石炭産業の支援強化とパリ協定の温室効果ガス排出量目標の断念を要求するなど、首相の求心力は低下していた。

  オーストラリア・ドルはシドニー時間午前9時41分(日本時間同8時41分)時点で米ドルに対し0.1%安の1豪ドル=0.7334米ドル。

原題:Australia’s Turnbull Survives Ballot to Remain Prime Minister(抜粋)

(識者のコメントや背景を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE