トルコ:カタールと通貨スワップ協定締結ーリラは休場前の取引で下落

通貨リラの急落に見舞われているトルコは、カタールと通貨スワップ協定を締結した。カタールは15日に最大150億ドル(約1兆6600億円)のトルコ向け投資を約束、連休前に具体化した。

  トルコ市場は20日から24日まで祝日のため休場となるが、リラは20日朝の休場前短縮取引で一時2.2%安の1ドル=6.1519リラを付けた。イスタンブール時間午後1時46分現在は6.10リラ前後。

  リラは米国による追加制裁の警告や17日の格下げを背景に売り込まれている。カタール中央銀行は、トルコとの通貨スワップ協定について、両国間の貿易を容易にし、金融安定を支え、流動性を提供するのが目的だとしている。トルコ国営アナドル通信によると、協定の第1期向けの資金規模は総額30億ドル前後となる見込み。

原題:Turkey Signs Swap Deal With Qatar Before Markets Close for Break(抜粋)
Turkey Gets Swap Deal With Qatar to Bolster Lira as Markets Fret

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE