次の自民総裁は石破氏42%でトップ、安倍首相上回る-ANN世論調査

ANNが18、19両日に行った世論調査で、自民党の次期総裁に石破茂元幹事長が良いと回答した人が42%と安倍晋三首相の34%、野田聖子総務相の10%を上回った。ただ、自民党支持層に限定すると安倍首相が58%の支持を得ており、石破氏は31%、野田氏は5%だった。

  同社が実施した7月の前回調査では、小泉進次郎筆頭副幹事長が28%、石破氏が23%、安倍首相が22%、野田氏が4%だった。今回の調査は9月の総裁選への立候補を表明したり、意欲を示したりしている安倍、石破、野田の3氏に限定して行われた。内閣支持率は38.8%と前回調査に比べて0.6ポイント増となった。

  政治ジャーナリストの安積明子氏は、一般を対象にした調査で石破氏支持が増えたのは立候補表明によってメディアへの露出が増えたことや、調査の選択肢から除外された小泉氏に期待する層の一部が石破氏と回答した可能性があると指摘。自民党内で行われる総裁選への影響は「あまりない」と分析している。

  総裁選では405人いる国会議員票に加え、党員・党友の投票結果に応じて配分した地方票405票を合計して当選者を決める。国会議員票では細田、麻生、二階、岸田各派などの支持を受けた安倍首相が優位に立っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE