Photographer: Akio Kon/Bloomberg

円上昇は始まったばかり、テクニカル分析が示唆

  ヘッジファンドは引き続きドルに強気だが、 テクニカル指標は円が今後上昇することを示唆している。トレーダーがモメンタムを測る上で参考にする移動平均収束拡散法(MACD)はいわゆるシグナルラインとゼロを共に下回っており、これはドルに対する弱気シグナルだ。前回1月にゼロを下回った際、ドルはその後2カ月半で円に対して6%余り下落した。さらに、ドルの対円相場が7月19日の高値以降の下降トレンドラインを上回ることができないこともドルに弱気な見方を支える。

原題:Technicals Show Yen Strength May Just Be Getting Started: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE