Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

テスラの命脈は「最終段階」に入りつつある-クリスピン・オデイ氏

From
  • オデイ・ヨーロピアンでの2番目に大きな株式ショートがテスラ
  • テスラ製EV中古車市場を管理するためのインフラがないとオデイ氏
Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

ヘッジファンド運用会社オデイ・アセット・マネジメントの設立パートナーでポートフォリオマネジャーを務めるクリスピン・オデイ氏は、電気自動車(EV)メーカー、米テスラの株式を空売りしていた投資家の戦略がようやく実を結び始めそうだとの認識を示した。

クリスピン・オデイ氏

ソース:Shutterstock経由のREX

  同氏は投資家への書簡で、「テスラなどのショートポジションを保持し続けることは難しいが、テスラの命脈はその最終段階に入りつつあるように感じている」と主張。テスラのイーロン・マスク会長を、1960年代に単独無寄港の世界一周ヨットレースに参加したものの戻ってこなかった実業家のドナルド・クローハースト氏になぞらえた。

  オデイ・ヨーロピアンでの2番目に大きな株式ショートポジションがテスラ。オデイ氏は、テスラには同社製EVの中古車市場を管理するためのインフラや引き受け能力がなく、他のEVメーカーとの競争激化に直面するだろうと記した。

  テスラの担当者にコメントを求めたが今のところ返答はない。オデイの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Odey Says Tesla Feels Like It’s Entering Final Stage of Life (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE