日銀の政策修正は期待外れ、国内回帰の金利水準には不十分-富国生命

  • もう少しイールドカーブが立つような内容を期待していた
  • 30年債利回りが1%を超えてくれば、多少選択肢には入ってくる
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

日本銀行の金融政策修正による金利上昇は不十分だとして、富国生命保険は現段階で国内債券への本格的な回帰には踏み切らない意向だ。

  渡部毅彦財務企画部長は、「10年金利の変動幅をある程度広げたことにはそれなりに意味があるが、もう少しイールドカーブ(利回り曲線)が立つような内容を期待していた。われわれの目線からするとまだ十分な金利水準とは言えないので、今の段階では4月に説明した外国債券中心の運用計画を修正して円債に投資を戻すことはない」とインタビューで述べた。

  渡部氏は、「下期の運用計画を立てるタイミングの9月や10月の時点で30年債利回りが1%を超えてくれば、多少選択肢には入ってくるが、足元の20年や30年債の利回りは明示的に運用計画に織り込んでいく水準ではない」と話した。

  日銀は7月の金融政策決定会合で、長引く大規模緩和の副作用に配慮し、従来上下0.1%程度だった長期金利の変動幅を倍程度に拡大することを容認した。これを受けて、新発10年国債利回りは今月2日に0.145%と1年半ぶり水準まで上昇。新発20年債利回りは0.63%、新発30年債利回りも0.86%と年初来の最高に達した。ただ、その後は日銀が予定外の日程で長期ゾーンの国債買い入れなど異例の措置を実施したことで、各ゾーンとも金利上昇は一服している。

新発国債利回りの推移

10年債20年債30年債40年債
7月30日終値
(日銀決定前日)
0.095%0.600%0.825%0.965%
8月16日終値0.100%0.615%0.850%0.985%

  
  富国生命は2018年度の運用計画で、米ドルの為替ヘッジコストが上昇する中、ヘッジせずにオープンで投資する外国債券の残高を増やす方針を示した。円高リスクが高まる局面ではヘッジを機動的に行う。同社の18年3月末時点の総資産は6兆6266億円。

富国生命の今年度運用計画はこちらをご覧下さい。

  渡部氏は、「グローバルな景気の方向性に不透明感がある中で、円債に戻れるならいつでも戻りたい。市場にある程度委ねてくれるなら当然我々は戻ると思うし、いつでも戻る準備がある」と説明。「日銀がもう少しイールドカーブを立たせるような政策を取っても、コントロールできないところまで金利が上がるかというと、そこはわれわれがちゃんと買うので問題はない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE