S&Pとムーディーズ、トルコを格下げ-リセッション予想も

格付け会社のS&Pグローバル・レーティングとムーディーズ・インベスターズ・サービスは17日、トルコの信用格付けを引き下げた。リラ相場の不安定さや経常収支の大幅な赤字が同国経済を弱体化させる恐れがあると指摘している。

  S&Pはトルコの外貨建て格付けを、アルゼンチン、ギリシャ、フィジーと並ぶ「B+」に引き下げ(従来は「BB-」)。ムーディーズは同国格付けを「Ba2」から「Ba3」に下げた。両社は通貨安とインフレ急加速、経常収支赤字を同国の主な脆弱(ぜいじゃく)性に挙げた。

  S&Pは「リラの軟化が負債を抱えた民間企業セクターを圧迫しており、トルコの銀行の資金調達リスクをかなり高めた」と述べた。また、「経済的リスクが高まったにもかかわらず、トルコの金融・財政当局による政策対応はこれまでのところ限定的だと当社は考える」と指摘した。

  S&Pはさらに、トルコが2019年にリセッション(景気後退)に陥るとの予測も示し、「インフレは今後4カ月の間に22%でピークをつけ、19年半ばまでに20%を下回るだろう」と述べた。

原題:Turkey Cut Deeper Into Junk as S&P Sees Recession Next Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE