米ディア:5-7月利益が予想下回る、輸送コスト増大で

農業機械メーカー最大手、米ディアの5-7月(第3四半期)決算は、輸送や原材料のコスト上昇が重しとなり、利益が市場予想を下回った。

  ディアは通期の利益見通しを据え置き、アナリストが期待した上方修正は行わなかった。17日の米市場で同社の株価は一時前日比で3.7%安を付ける場面があった。その後は前日比上昇に転じている。

  同社では鉄鋼コストがかさんだ。米国が一部外国製の鉄鋼に関税を賦課したことを受け、鉄鋼価格が上昇した。また他の業界と同じく、燃料価格の上昇や大型トラック運転手不足で輸送コスト増加にも直面している。

  特別項目を除いた調整後1株利益は2.59ドルで、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の2.74ドルに届かなかった。ディアは通期の純利益見通しを31億ドル(約3400億円)に据え置いき、これもアナリスト予想平均(31億7000万ドル)を下回った。

原題:Deere Drops as Earnings Disappoint on Freight-Cost Pressure (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE