マレーシア:4-6月のGDPは前年同期比4.5%増-予想5.2%増

マレーシア中央銀行が17日発表した4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)は、1年半ぶりの低い伸びとなった。マハティール首相は、政府支出削減の選挙公約実行に動いている。

  4-6月期のGDPは前年同期比4.5%増となり、ブルームバーグが調査したエコノミスト21人の予想中央値5.2%増を下回り、1-3月(第1四半期)の5.4%増からも鈍化した。前期比では0.3%増。

原題:Malaysia’s Economic Growth Slows During Political Transition(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE