Photographer: Luke MacGregor/Bloomberg

バークレイズ解雇されたトレーダー、再雇用勝ち取るも報酬は8分の1

電子取引プログラムの使い方を巡り英銀バークレイズを解雇されたデービッド・フォザリンガム氏は、同行に再び雇用してもらうことに成功した。

  同氏が不当解雇を主張してバークレイズを訴えていた裁判で、ロンドンの雇用審判所のジル・ブラウン判事は年俸15万ポンド(約2100万円)で同氏を再雇用することをバークレイズに命じた。ただ、肩書はディレクターと以前より低いことに加え、報酬は8分の1になった。

  どのような部署でも働くと表明していたフォザリンガム氏(47)は、データ商品化担当ディレクターとなる。バークレイズの広報担当者は16日、コメントを控えた。フォザリンガム氏もコメントを避けた。

  米ニューヨーク州金融サービス局(DFS)はバークレイズが「ラスト・ルック」という電子取引プログラムを乱用したと判断。バークレイズは1億5000万ドル(約170億円)を支払うことに合意した。同プログラムはマーケットメーカーが不利になった取引をキャンセルすることを可能にする。フォザリンガム氏はこの件に関わっていた。

  DFSは2015年、フォザリンガム氏のポストをなくすために「必要なあらゆる措置」を取ることを命じ、同氏は年俸120万ポンドの職を失った。ブラウン判事は同氏が「罪に問われるべき、あるいは非難に値する行動を取ってはいなかった」との判断を示した。バークレイズは9月21日までに裁判所の判断に従わなければならない。

原題:Ex-Barclays Trader Wins $190,000 Job at Bank That Fired Him (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE