Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

ワクチン不祥事に揺れる中国、共産党政治局が幹部40人余りを処分へ

  • 習近平総書記自らが処罰に乗り出す姿勢示す
  • 今回のスキャンダルを巡る中国指導部の懸念浮き彫り

中国のワクチン不祥事拡大を受け、共産党中央政治局は幹部40人余りを処分すると発表した。国営の新華社通信が16日報じた。共産党統治の信頼性に傷をつけたスキャンダルに、党トップ自ら対処する姿勢を示した。

  新華社電によれば、習近平総書記(国家主席)率いる政治局は国家食品薬品監督管理総局で副局長をしていた呉湞氏に対する調査を命じた。また長春市の劉長竜市長らの引責辞任を求めた。ワクチン不祥事の中心企業、長春長生生物科技の本社は吉林省長春市。

武漢生物製品研究所での調査

フォトグラファー:VCG via Getty Images

  比較的地位の低い党幹部の処分への習総書記の関与は、当局への抗議活動を招き1200億ドル(約13兆3000億円)規模に上る中国ワクチン業界に打撃を与えている今回のスキャンダルを巡る中国指導部の懸念を浮き彫りにしている。

  習総書記は先月、長春長生生物科技と武漢生物製品研究所による粗悪ワクチン製造問題は「衝撃的」で関係者の処分を求めると表明していた。

吉林省長春に本社を置く長春長生生物科技

フォトグラファー:VCG via Getty Images

原題:China’s Xi Oversees Purge of 40 Cadres as Vaccine Fallout Widens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE